相談を始めよう

PCで受付業務を行う

会社を勤め上げて、晴れて迎える定年退職ですが、実はこの定年退職はこれからの人生を左右する分岐点と言えます。 特に影響を受けるのは、退職金が無いケースです。 また、退職金があったとしても、その退職金や預貯金を合計して3000万円に満たない場合には、定年退職後の生活費用が足りなくなる可能性があると言われています。 これはある程度の目安であって、当然ながら一人一人の暮らし方によって必要経費は異なってきます。 だんだんと税金が増えてきて、食料品等の高騰で生活費も圧迫してくる中、退職後のライフプランはきちんと準備できているでしょうか。 実は定年退職後のライフプラン設計が出来ていない為に、無計画にお金を使ってしまい、老後に困るというケースも発生しています。 老後も安心して暮らすためには、ライフプランニングが必須なのです。これを工夫して行っておけば、定年退職を喜んで迎えることができます。

定年退職を迎えるにあたって、金融関係で相談する際、ファイナンシャルプランナーを利用する人が増えています。 定年後のライフプランは人それぞれですが、どのような道を歩むにせよ、人生にはお金がつきまといます。 それぞれのライフプランによって、税金のこと、保険のこと、相続のこと、家計のこと、投資や不動産のこと等、悩みや相談したいことは違ってきます。 しかし、これらは全てファイナンシャルプランナーが取り扱っている分野なのです。ですから、保険会社に行って相談をして、証券会社に行って投資の相談をするといった手間から軽減されるのです。 ただし保険会社や証券会社にも、その企業で働きながらファイナンシャルプランナーの資格を持った方もいます。個別に相談する事も出来るでしょう。 一方でどの企業にも属さない、独立しているファイナンシャルプランナーもいますので、一括して相談したい場合にはオススメです。

注目の記事